世界の教授シリーズ

       

 

2016年  

  大阪

11月3日(木・
  第18回ショパン国際ピアノコンクールinASIA地区大会審査員
ロマニウク教授によるコンクール・トライアル

受講生・聴講生募集

 
教授: イェルジ・ロマニウク教授

会場: 遊音堂  (大阪市福島区吉野1-16-11)

内容: 公開講座・トライアル

時間: 開場10:15 開演10:30

チケット: 一般:3,000円/学生:1,500円

 
        フレデリック・ショパン音楽大学 教授
イェルジ・ロマニウク Jerzy Romaniuk


ウッチ音楽高等学校にてZ・イェスマンに、その後ショパン音楽アカデミー(旧ワルシャワ音楽院)にて、Z・ジェヴィエツキに師事した。大学卒業直後、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とブラームスのピアノ協奏曲第1番を共演しデビュー。その後、モスクワ音楽院でヤコフ・ザーク、エリソ・ヴィルサラーゼの下で研鑚を積むと同時に、旧ソビエト連邦を旅し、数多くのコンサートとリサイタルを成功させた。その後フレデリック・ショパン音楽アカデミーにて教鞭をとる。1979年文化芸術大臣賞第2位、またこれまでに優秀指導者賞(ポーランド)を多数受賞。活動の場は広く、英国、ドイツ、ベルギー、スペイン、デンマーク、イタリア、旧ユーゴスラビア、ハンガリー、チェコ、キューバ、フランス、オーストリア、アラブ首長国連邦、中国等で演奏。またバッハからガーシュインまで膨大なレパートリーをもつ。ポーランド国内外にて録音も多数、特にショパンは数多く録音しており常に高い評価を得ている。
         
        詳細・お申し込みは、こちらのPDFを参照下さい

 ■お問い合わせ / ミュージック・アート・ステーション TEL 06-6836-7067

           
Copyright (C)2005 m.a.s All rights reserved.